ハーバルライフな幸せ

herbalday.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

手作りカラーリップ

f0021321_17174650.jpg

石けん作りのために購入したひまし油(キャスターオイル)を利用してカラーリップクリームを作りました。
好みのカラーラントのマイカ(雲母)を無水アルコールで消毒し乾燥させておきます。ひまし油とカカオバターとみつろうを溶かしマイカを入れて色付けて・好みの精油で香り付け・冷まして・固めて・出来上がり♪チン♪カンターン♪
光を乱反射させるという微粒子二酸化チタンも混ぜて、日焼け止め効果を狙ってみました。 
防腐剤、化学香料の入っていないナチュラルオイルで作ったリップです。カラーラントはミネラル、土、金属化合物から作られる無機ピグメント(顔料)だそうです。色々な色があって見てるだけで楽しいです。雲母って何だか懐かしいな〜♪小学校の授業でキラキラ光る鉱石に触れて心もキラキラしたような思い出があるよ〜。 市販の口紅の中身が空いたので洗ってアルコール消毒して容器を再利用してみました。
色が限られているので市販の口紅のように好みにピッタシの色にならないかもしれないけど、ご近所にお出かけなら私はこれでOKでございます。
石油系の材料は入っていないので安心して使えますね。これを使うと唇がちゃんと呼吸出来ていそうな気がします。
f0021321_16551670.jpg
今回は中村純子さんの本「自然素材で手作りメイク&基礎化粧品」を参考にして自分レシピにしました。小冊子ながらわかりやすく、とっても、読み見やすい本です。何度も利用したのでカラーラントの色があちこちに染まってしまいました。日焼け止めクリームなどの基礎化粧品、ファンデやチーク、アイシャドーのメイク用品の作り方まで掲載されているのでありますよ。
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-27 17:11 | 手作りコスメ

またまたローズマリー

f0021321_2314057.jpg日曜日の午後3時は、お昼のお料理に使ったローズマリーがあまったのでお茶にしてみました。
佐々木薫さんの「ハーブティー」の本に紹介されていたローズマリーとタイムのブレンドティーです。ローズマリーは脳の働きを活性化するそう、タイムはキリッとした香り。
呼吸器系の殺菌作用があるそうです。
何だかお料理を作っているみたいなレシピやな〜と思ったけれど「お〜なるほど!」ぼんやりとした午後タイムの頭を冴えさせてくれそうです。私、しょっちゅう、ボケ〜ッとしておりますので、これは私にちょうどピッタシッ!と思いました。笑

f0021321_23152088.jpg
残りはハーブビネガーにしました。お料理に使ったり、石けんシャンプーの後のリン酢にします。ローズマリーを入れることでフケ防止にもなるそうです。
石けんシャンプー派の方はご存知なのですが、洗面器一杯の湯をおチョコ一杯の酢で薄めてシャンプー後の髪をすすぐと、アルカリ性に傾いた髪が中和されて、あらまっ!ちゅー位、しなやなになるのでございます。
ふだんは面倒なのでクエン酸リンスばかりだけど、たまにはフレッシュローズマリーのリン酢にしてみましょ。
1週間位、酢に漬けた後、ハーブビネガーちゃんが誕生します。ローズマリーはその他にも入浴剤に使えたり、また、化粧水にしたら若返りの化粧水としても有名なのです。 こんな大活躍のローズマリー姫に、はい、拍手!
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-25 00:48 | ハーブティー

豚肉のローズマリーミルク煮

f0021321_2054140.jpg

このところクイック料理ばかりでしたので日曜日はパソコンを消してお仕事OFF!(夕方までね、笑)、豚肉のローズマリーミルク煮を作ってみました。
レシピの材料は豚肩肉、ミルク、ローズマリー、オリーブオイル、塩、胡椒のみのシンプルさ。
ローズマリーはスーパーでも手に入りやすいのがいいですね。手間なのは豚肉をたこ糸でしばってコトコト90分間、煮込むことだけ。食べてみたらおおっ!いけるじゃんと自画自賛。フォークを持って待つ亭主をお預けさせて写真を撮りました。その間、腹減ったー!料理が冷めるー!コールの大連発が。こらっ"迷カメラマン"の邪魔をするでないっ。はい、食べる頃はお料理ちょっと冷えておりました。ほほ…。でも冷めていても、いけたんですよ。大いばりな私。笑
普通、豚肉は長く煮ることで、ぱさつきがちになるのですが、ミルクで煮ることでジューシーに。ローズマリーは香りを付け、脂肪分を軽くするそうです。
f0021321_20544679.jpg
今回、お世話になったのはローズマリー姫、そして人生の大先輩、ハーブの神様(私は、そう呼んでおります)北村光代さんの「みんな、ハーブのおかげ」の本! シンプルなお料理のレシピが多く、ハーブを心から愛する彼女の本は少し読み物風になっていて電車のお供に連れていくのもいいです。
このお料理を美味しくしてくれたのは2本のローズマリーちゃん。 残ったハーブは他のことに色々、利用いたしました。今度アップしたいと思います。ほんと、みんなハーブのおかげと思いました♪
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-22 20:54 | ハーブあれこれ

#6 シンプル石けん解禁

f0021321_21314774.jpgこのところお仕事が忙しくてシンプル石けんが16日に解禁していたのも気付きませんでした。なのでカレンダーを見て「おーーーっ。カ・イ・キ・ン」と叫んでしまいました。
小幡有樹子さんレシピのシンプル石けんでひまし油を加えたものです。さっそくシャボンしてみました。初公開ソープ・シャボン・アワー♪
使い心地は泡もちもちしてますね。そして泡切れが軽いようで。コクがあるのにキレがある?ってか。
前田さんのレシピに比べるとパームオイル、ココナッツオイルの配合が多いので泡切れが軽いのかな? はい、今度シャンプーに使ってみます。香りはかなり微香のラベンダーです。
白い清潔感を尊重して白いお花を置いてみました。うふっ、あの頃の私みたい。コラッ*★!
次回はホワイト系を作るならヨーグルトか豆乳石けんがいいかな〜。または前田京子さんのレシピの「最高に贅沢な石けん」を作ってみたい。どれだけ最高に贅沢なのか使ってみちゃろうと挑戦的な私…。インパクトのある名前ですね。自分で作らなければ使えないというのが幻的でもあります。個人的には前田さんのレシピが私の「お気に」入りかもしれません。まだまだ時間がとれないので作れそうもありません。
真っ白な石けん、清潔感が漂って何とも嬉しい気持ちです。早く"The Next" を作りたい♪
★シンプル石けんメモ:材料 オリーブオイル150g/ココナッツオイル150g/パームオイル150g/ひまし油50g/πウォーター170g/苛性ソーダ70g/ラベンダー精油小さじ3分の2位? 撹拌35分、型入れのタイミングまで3時間未満
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-19 23:17 | 解禁石けんたち

フレッシュミントの頂き物

f0021321_0163685.jpg知人が育てた摘んだばかりのミントをいただきました。爽やかな香りと柔らかな葉が、何とも触り心地が良いです。熱いお湯に蒸らしてホットのミントティーにしました。
ドライハーブほど鮮烈な香りではないけれど、フレッシュならではの優しい香りと色合いになり、ほんわか幸せな気持ちになりましたよ。ミントは消化不良や胸やけなどの消化器系への作用に良いそうです。
何よりも無農薬ですから安心して飲めますね。
少し取り分けて化粧水にしました。グリセリンを入れて大好きなサノフロール社のラベンダーとティーツリーの精油を1滴づつ加えました。清涼感のある初夏の化粧水です。ミントのお肌への作用はかゆみ、炎症、日焼けを緩和するそうですよ。
f0021321_0165815.jpgこんな柔らかフレッシュミントをお風呂にたくさん浮かべて入浴剤にしたら幸せだろうなあ〜と思いました。
ところでミントは男性にも好まれる香りだそうですね。おうちで「ね〜ミントって好き?」って何気なく尋ねてみましたら「ミントは好かん!」と一言、言いやがりましたっ。ひゃ〜っ!せっかくお茶を入れてあげようと思ったのにぃ。
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-16 00:45 | ハーブティー

記事にしてくれてありがとう!

f0021321_11244212.jpg始めはただただ作りたいという思いで、恐る恐る(笑)作り始めた石けんですが、(何と作ってみたいなあと思ってから3年以上も経っていました)色々、作ってみて、やっと差し上げたいと思えるようになりました。
そして、ついに、いつもブログに遊びに来てくださる素敵なお友達お二人に、石けん2個とバスソルト2袋をセットにして無理矢理、送り付けてしまいました。笑
そうしたら素敵な記事にアップしてくれました! この間まで私のキッチンの机の上に置いてあったものが別のお部屋に可愛く置かれてあって、写真を撮ってもらって…何と言うか、こんな新手の感激は初めての経験だぁ!!! 嬉しさが止まらないっ♪だから紹介しちゃいます。
**Hikari no taba**のkaorinさんは神戸に在住の手作りのお友達です。いつも心の温かさや楽しさが伝わってくるブログで、手作りコスメや石けんや液体石鹸など色々なことにチャレンジ! 神戸便りのお知らせを素敵な写真付で読んでいると神戸行きたい!行きたい!症候群になります。kaorinさん、素敵に紹介してくれてありがとう。

■Floret of Queen Panther の floretaさんは素敵で楽しい写真がいっぱい、お花の写真にも心癒されます。センスの良い手作りのビーズアクセサリー、ご家族のちぎり絵、ちりめん細工などが楽しく紹介されています。アートブログランキングにも参加されています。応援してあげてください。義理のお母様の手作りのくまちゃんと一緒に写真に撮ってくれました。floretaさんありがとう!

もう一セットはしばらく会えないでいる大阪の友人に送りました。それをきっかけに何度もメールでやりとりできてほんわか嬉しい気分です。
石けんでこんなにハッピーな気持ちになるとは予想外のサプライズ!
何だか みんなに あ・り・が・と〜〜って叫びたい気持ちになったよ〜。
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-13 12:04 | 手作り石けん

#5ヘナ石けん解禁

f0021321_14554717.jpg5月6日にヘナ石けん解禁。ちょっと大人っぽく写真を撮ってみました。
解禁のお祝いに写真を撮るのが楽しみになっています。やっとやっとアップできました。
もうすでに何度もシャンプーバーとして使用しています。
いつも髪を染めている自然の染料、ハーブの粉ヘナを入れてみました。どんなふうに出来るかと心配してました。使ってみると髪がまとまりやすいので、シャンプーバー専用として気に入って使用しています。他の色合いのヘナを使ってまた作りたくなりました。
ヘナには薬用としての効能もありますし普段ヘナを愛用している方にも使ってもらえたらなあと思っています。
ヘナを染毛剤として使用するには2時間以上は髪に塗って放置しなければならないので、この石けんで洗っても色は付かないと思います。ですがヘナのトリートメント効果と、染めているヘナの色落ち防止に少しでもなればと思います。お洗濯にはNo goodですね。真っ黒クロスケが出没するといけません。笑
ローズマリーの香りは飛んでしまった? 香りを調合する、石けんに香りを残すって何だか難しいですね。他の石けんサイトや本ではマーブル模様がとても美しく出ているものがあります。どーやったらあんなに綺麗にマーブル模様が出るのか、羨望の眼差しでございます。

★ヘナ石けんメモ:基本マルセイユ(同上)/苛性ソーダ:41g/πウオーター:125g/尿素:15g/ヘナ:かなり適当量/精油ローズマリー、マヌカ、グレープフルーツ各45滴
撹拌時間30分/型入れ12時間/型出し6日
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-11 14:58 | 解禁石けんたち

手作りバスソルトのラッピング

f0021321_904813.jpg石けんたちも解禁してきたのに包装が苦手ということもあってなかなかラッピングできませんでしたが。連休を利用してやっと幾つか包装しました。
で…今日の記事は石けんではなくバスソルト。プレゼント石けんの贈り物に添えようと一緒に桜の入浴剤とジュニパーベリーのバスソルトを2種作りました。桜は桜の塩漬けで岩塩を色付け。桜の香りを活かしたいから桜の香りだけの微香です。
ジュニパーベリーのバスソルトは自然の岩塩をジュニパーベリーのハーブの実で色付けて、精油を入れました。マリーゴールドとミントのハーブを少々足して可愛く…。ジュニパーベリーは体の毒素を取り除きむくみを押さえるそうです。
バスソルトは何度か作っているけど、バスソルト用のラベルを初めて作りました。
桜には桜の柄を。ジュニパーにはジュニパーの柄を付けました。楽しくなってきて止められなくなってしまいました。そうとは知らないダンナさま、部屋からちっとも出てこない私を仕事が忙しいのかと思ってたみたいです。エプロンをして晩ご飯を作っておりました。ほほほ〜…。あ〜忙しい忙しいな〜んて。
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-09 00:09 | アロマ&ナチュラル

#4 あずき石けん解禁

f0021321_10133081.jpg小豆石けん解禁しました。
マルセイユ石けんに茹でた小豆を乾燥させて潰したものと、さらしアンの粉と少々ココア、尿素配合石けんです。
尿素を入れると触れた感じは心持ち固い仕上がりになりますが、使ってみるとトロリンとしたしっとりとした感じです。毛穴の汚れを落とすというサポニンの働きがある小豆の粉が入っているので春や夏向きでしょうか。
濡れると石けんの小豆色が発色して可愛い感じになるのが、ちょっと嬉しいのでございます。ちなみに小さな桜は石けんではなく、母からもらったお菓子の落雁ですのであしからず。
写真を撮った後、待ってましたとばかりにパクパクと食べちゃいました。笑

★小豆石けんメモ:基本マルセイユ(オリーブ油:229g/パーム油:32g/ココナッツ油:56g)/苛性ソーダ:41g/πウオーター:125g/尿素:15g/コンデンスミルク:大さじ1/2/小豆をすり潰したもの大さじ1/さらしあん:小さじ1/ココア大さじ1/2/精油ベンゾイン90滴 撹拌時間30分/型入れ12時間/型出し6日
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-06 10:24 | 解禁石けんたち

#7 インフューズドオイルの石けん

f0021321_02612100.jpg

4月29日(土)
以前作ったカレンデュラとオリーブオイルで作ったインフューズドオイルがそのままになっていました。通常のオイルより消費期限が早くなるらしいので、早く使わなくちゃと焦り、石けんグルグルをいたしました。(ほんとはそれを口実に作りたかった?!)。
浸けたオイルが400g程あったため通常のレシピの1.5倍量の225gを使用。
前回作った小幡有希子さんの、シンプル石けんのレシピのパームオイルの3分の1量をレッドパームオイルに差し替えました。
オイルにも消費期限があるからできるだけ順番に使っていかなくちゃ。本当はレッドパームオイルのオレンジにちょとだけ飽きて来ちゃってたんだけど。
ま〜毎日、何度も石けんをストックしている引き出しを覗いては、包装できないまま、置いてある、カロチン石けんに話かけているので、見飽きても来ますよね〜。
今回のレシピのオイルで撹拌するとまるでマンゴープリン色になりました。
30分の撹拌後、放置。インフューズドオイルということもあり、約1時間後には型入れ時に。早いっ。
手のかかるペットのようにつきっきりです。横目で様子をうかがうダンナが一言、「大変ご精の出ることで」だって。 どーもご声援ありがとうー。 ん?ご声援じゃなかったん?
我が家の石けん型たちの総動員です。シリコンモールド、ハート型、シリコンのペンギン製氷器、牛乳型(プラスチック型入り)、もう何にでも入れちゃえって感じです。
スプーンで少しづつ注入していく様はまるで石けん職人♪ あはっ…自分で言っちゃ駄目ですよね〜。
★シンプル石けん:材料 カレンデュラのオリーブオイル225g/ココナッツオイ225g/パームオイル180g/レッドパームオイル45g/ひまし油75g/πウォーター255g/苛性ソーダ105g/グレープフルーツ精油小さじ1/レモン精油小さじ2.5/撹拌30分、型入れのタイミングまで1時間
[PR]
by pathos_mie | 2006-05-01 00:41 | 手作り石けん
line

ハーブやナチュラルライフから感じる日々のささやかな幸せを綴っています。


by pathos_mie
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31