ハーバルライフな幸せ

herbalday.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:アロマ&ナチュラル( 26 )

バスボムで乙女湯

f0021321_0234772.jpg
海外のリゾートホテルなんかのバラの花びらが浮いたお風呂、憧れませんか?え?行ったことあるって? あ〜、あのう、私、憧れてるんですが亭主が飛行機嫌いなんで…。
そこでドライハーブの入浴剤を作ってみることに。
「和のアロマテラピー」の本に載っていた「薔薇とミルクの泡玉」とネットショップ「リンガリンガソープ」さん講師の「○得マガジン」の本のレシピをMIXして作ってみました。
材料は「重曹+クエン酸+粗塩+粉ミルク+蜂蜜+ハーブ+精油」を合わせて好みのカタチにしただけ。
ハーブはローズやマリーゴールドなどの花びらの色の可愛いのを見た目重視で選んでみました。
出来上がったのをラップで包んで写真を撮ろうと思ったら、あらら…粗塩と蜂蜜の微量の水分が作用してか、バスボムが発泡してラップが膨らみ小さなアンパンマン状態に。何度か握って押さえ込んでやっと沈静化。
出来上がったのを見て「案外カワイイじゃなーい」と一人自画自賛。これをお風呂に入れると、シュワシュワと溶けて湯船に花びらが浮いて、お湯がミルク色になって、美容と健康にいいナチュラル素材が乙女気分の美人を作る訳なのよ。(あくまでも想像)。ほほ…。
[PR]
by pathos_mie | 2006-01-11 00:27 | アロマ&ナチュラル

ハンドメイド・バスソルト

f0021321_0132447.jpg
少し前に前田京子さん著の「お風呂の愉しみ」の本を参考にバスソルトを3種作りました。あと少しで使い切るので、ちっちゃな、ジャムの空瓶に入れてローズ(ピンク色)、ジュニパーベリー(オレンジイエロー)、ラベンダー(薄紫色)のバスソルト3兄弟として記念撮影!(笑)。イタリアの海の天然粗塩に、ハーブティーの乾燥ハーブを使って色付け。以前はお風呂のお湯が鮮やかな色になる市販の入浴剤をよく使ってましたが、その色の正体は身体に良くないタール色素(青色○号とか)だったと本で知った時はちょっとショック。以来、家にあるその手の入浴剤は捨ててしまいました。塩には血行をよくする働きがあるそう。塩粒はハーブのナチュラルカラー、そして精油の香りがバスタイムを癒しの時間に。海と植物の恵みに感謝です。

以下は「お風呂の愉しみ」の本に掲載されていたレシピです。(ちょっと略してます)
■ローズ(ピンク色)のバスソルトの作り方{約4回分}
◆材料:天然粗塩200cc/乾燥レッドローズペタル大さじ山盛り1/熱湯50cc/精油ゼラニウム15滴、ローズウッド5滴
◆作り方
1.乾燥レッドローズペタルを容器に入れ熱湯を注ぎフタをして自然に冷ます
2.冷めたらコーヒーフィルターでハーブエキスをきっちり絞り取る
3.耐熱容器に粗塩を広げハーブエキスの3分の1量を回しかけスプーンでかき混ぜ色を馴染ませる
4.皿ごと電子レンジに3-4分かけ水分を飛ばす。
5.これを3回繰り返しハーブエキス全量の色を塩に移す
6.塩が冷めたら容器に入れ精油を加えてフタをしてよく振ってできあがり
(私はローズの色を鮮やかにしたくてハイビスカスを少し混ぜてしまいました)
[PR]
by pathos_mie | 2006-01-06 00:19 | アロマ&ナチュラル

ナチュラルハウスキーピング

f0021321_9484034.jpg
年末ですね。大掃除をしてみえる家庭も多いと思います。私の家でも大掃除!
…と張り切って始めても中掃除位にしてしまうことが多いのですけど(笑)
重曹を使うようになってから合成洗剤の出番がなくなりました。重曹の他、純石けん、クエン酸の3つがあれば、ほとんどのお部屋に使えます。他に消毒用アルコールと「激落ち」クンというスポンジを使えば、もう何でも来い!って感じです。
重曹は人にも環境にも優しい天然物質、自然の研磨剤なので台所のシンクもデリケートなガラス製品なども傷をつけずにピカピカ!石けんやクエン酸と併せて使えば、様々な場所に使えます。純石けんを溶かして重曹を混ぜれば重曹石けんに。お掃除に合う精油、ペパーミントやユーカリプタスなどを入れれば、さらに効果アップするようです。私は薬局のハッカ油をよく使います。手に入れやすいし、量が多くて安いんです。重曹はお掃除以外にもお料理、美容と使い道さまざま。用途に垣根がないのが自然素材の素晴らしいところだなあと思います。お掃除になるとたくさん使うので私は「お風呂の愉しみ」ネットストアで2.3kg入り(お料理用)のお徳用を購入します。粒子が細かいので油で汚れた手も洗ってしまいます。(肌の弱い方はしないようにね)
合成洗剤の話で、随分前ですが、トイレ用の合成洗剤を3種類、混ぜ合わせて使ったら科学反応を起こして亡くなった方がいるというニュースがありました。トイレはトイレのみ、お風呂はお風呂のみと細かく洗剤を購入しなければいけないなんてのも不思議な話です。重曹なら、そんなことは考えられません。何しろ入浴剤にもなるし、飲食もできるのですから。
昔の人は皆こういった自然素材でお掃除をしていたと思うと、多いにその知恵を参考にしなければと重曹から知りました。おかげで最近、家では「磨きおばさん」などと呼ばれたりして(笑)
[PR]
by pathos_mie | 2005-12-31 10:24 | アロマ&ナチュラル

足浴にはマヌカ精油

f0021321_1825375.jpg
お風呂に精油を入れるの 、大好き。でも足だけの部分浴も、また、気持ちが良いんですよね。夏は爽やかさを楽しみ、冬は温かさも楽しむ。今日はこの地方もちょっと豪雪、こんな日はぶ厚いタイツ&ブーツをはいたりする…おまけに、冷え性で寒い夜は、寝る時まで靴下はいちゃうし(^^;)、すると足が蒸し芋状態(スミマセンこんな話で)。スッキリしないそんな時は足浴をします。
洗面器に熱めのお湯をはり、好みの精油を数滴落として足浴すると何とも爽やか〜。最近のお気に入りの精油は「マヌカアルパイン」というニュージーランド産の精油です。ネットショップ「リンガリンガソープ」さんでその存在を知りました。抗菌、殺菌作用がティーツリーオイルの何倍もあり、少し甘い感じのウッディーな香りがします。そして足浴後は自作のマッサージクリームで脚全体をリンパマッサージをすることも。ちょっとムクミが解消され足も快適に。今や我が家の定番になりつつある「マヌカアルパイン」精油です。
足浴をした直後に家族が戻ると玄関先で「松茸の香りがする」とか何とか。
残念ながら我が家では高級な松茸料理は出ませんから〜。

[PR]
by pathos_mie | 2005-12-22 18:10 | アロマ&ナチュラル

ピュアな香り!ハンドメイドソープ

f0021321_2231669.jpg

いつしか我が家から台所用合成洗剤が消え始めた頃、合成保存料や合成添加物、合成界面活性剤などが一切入っていない石けんに興味を持ち始めました。
前田京子さん著の「お風呂の愉しみ」の本やネットショップで売られているハンドメイドソープの存在を知りました。いつかは自分で作ってみたいのですけど、日々の仕事や生活を口実にもっぱら購入しています。
好きなネットショップに「リンガリンガソープ」さんというサイトがあります。内容、方針、商品ともにとても充実した素敵なショップです。そこでクリスマス限定ソープ(完売済)の写真の「ドリームオブローズ」を購入しました。とっても可愛いフローラルな石けんです。
自分で使うにはちょっぴり贅沢だと思い友人にプレゼント用に購入しました。石けんからは精油のフローラルな香りが漂いドライローズの蕾が3つも飾ってあるんですよ。この石けんで洗顔したらすごく優しい香りで癒されそうです。石けんは石けんとして使い、ローズの部分は石けんを1cmほど残したまま切って、お部屋に置いて香りを楽しむ、香りが消えたらローズに精油を足してポプリのようにしばらく楽しめそう。そう、思ったらプレゼントするのが惜しくなってしまいました。でも、やっぱり友人にも喜こんでもらわなくてはね〜。またこんなキュートな石けんが販売される機会があれば今度は自分にプレゼントをしようっと。
*購入したネットショップ:「リンガリンガソープ」さん

[PR]
by pathos_mie | 2005-12-18 22:32 | アロマ&ナチュラル

ラベンダーとの再会

f0021321_21235834.jpg
ハーブのある暮らしは心にも身体にも優しいのです。香りに癒されるのはもちろん、ハンドメイドコスメ、生活、お料理、お掃除、そして体の調子が思わしくない時など、あらゆるシーンにハーブは私の傍ににいてくれるのです。和のハーブ、洋のハーブ問わずに植物からもらった幸せを日々綴っていこうと思っています。

ハーブと言えば私がまず思い浮かべるのがラベンダー。ラベンダーはもちろん昔から知っていましたけれど、改めて知ったのマキノ出版「医師がすすめるアロマセラピー」という本を読んでからです。それまでの私は、「エッセンシャルオイルのラベンダーの香りで不眠が治るなんて思い込みでしょ。」と思っていました。
本によると、消費者が多く手にするのは「ラバンジン」という種類のもので鎮静作用はほとんどないのだそうです。
数あるラベンダーの種類の中で、鎮静効果をもたらすのは「真正ラベンダー」と呼ばれるもので、高度500〜1000m以上の高地に自生していて鎮静効果をもたらすには酢酸リナリルを35%以上を含んでなくてはならないそう。
日本市場に出回っている良質な「真正ラベンダー」の精油で基準を満たすものはフラ
ンスのメーカーであるサノフロール社、プラナロム社などがあるそうです。私は本に紹介されていた「イーストウインド」というお店のHPからサノフロール社の「真正ラベンダー」オイルを購入しました。とってもいい香りです。

◇使ってみました◇以前、突然、アレルギー性鼻炎になり1年ほど、昼夜、問わずに咳と鼻水、目の痒みで睡眠不足に悩まされるようになりました。病院や市販の薬は一時しのぎと聞いていましたので、飲まずに我慢して一日中、鼻を垂らしていた日もありました(笑)。ラベンダーと同時に購入したティーツリーオイルは日中、使用して、夜はラベンダーをハンカチに数滴垂らして香りを嗅きながら眠りました。
うっとりするような良い香りが不快な時間を緩和してくれるようでした。他に免疫力をつけるハーブティーも飲んでいたので、そちらの効果もあったようですが、ハーブティーとアロマテラピーを併用して数ヶ月後、1年以上続いた鼻炎が生活に支障がないほど良くなりました。ラベンダーは他にもハンドメイドコスメにも、お風呂にも使用、また、にきや軽い火傷をした時にも直接、塗布して使える数少ない精油なので我が家には常時、このラベンダーを置くようになりました。「真正ラベンダー」との出会いはまさしくラベンダーとの再会という気がしています。思考回路を優しく包むような優しくフローラルな香りです。可憐な紫の花に無限の可能性が秘められているなんてちょっと感激です。

購入したお店「イーストウインド」
http://www.eastwind-aroma.com/info/guideline.html
アロマグッズや本も多数売っています。真正ラベンダー10ml 2,520円
[PR]
by pathos_mie | 2005-12-15 21:14 | アロマ&ナチュラル
line

ハーブやナチュラルライフから感じる日々のささやかな幸せを綴っています。


by pathos_mie
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30