ハーバルライフな幸せ

herbalday.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:和のアロマ( 15 )

柚子茶バリエ

f0021321_1881248.jpg今日のおやつは柚子茶バリエ。
1ケ月程前に作った蜂蜜柚子茶も、柚子をいただいたお宅に差し上げたりして、今日で食べ閉まい。さみし〜。
最近は様々なメーカーやカフェで扱っているみたいですね。
日本人の味覚に合うんですね。韓国発祥の東洋のお味だものね。作り方はコチラ。
熱いお茶にするのは、もちろん、柚子トーストにしたりヨーグルトに入れてもOKでした。マーマレードのように作るのが大変そうじゃないところも良いかな。←作ったことないけど
ただ酸味が強いので空腹時にはちょっと避けた方が良いみたいです。
食い意地はってる私は朝から大マグカップで飲んで、「胃に浸みる〜!」なんてことも。
今は柚子の種を焼酎に漬けてコスメにしようと抽出中、残りの柚子があと少し。
もう少し楽しめそうです。また柚子が突然、我が家に来ないかな〜。(欲しけりゃ買えよなーなんて)
[PR]
by pathos_mie | 2006-01-22 18:42 | 和のアロマ

抹茶のバスソルト

f0021321_21384420.jpg
入浴剤つながりで、今日は抹茶のバスソルト、
作り方はかーんたん。けっこう適当に作れました。
抹茶を熱湯で溶きます。3分の1量を粗塩にかけて電子レンジで2ー3分チーン。これを3回繰り返す。参考はコチラ
電子レンジから出したらソルトから抹茶のほのかな甘みと香が立ち込めました。
とても癒されて日本人だなあと実感!
和心いっぱいの抹茶色のバスソルト。
なかなかの渋い色味が気に入りました。
精油を入れるならハッカなどの爽やかな香りが合いそうです。

バスソルトを入れたらさしずめ浴槽は抹茶茶碗、
入浴者は心穏やかに抹茶になった気分で入浴しましょう。
結構なお手前でなどと茶人になっても一興です。
浴槽のへりに和菓子とクロモジなど置いたら完璧でしょう。笑。

ネーミングが素敵で、元気も貰えちゃうブログをご紹介します。
パステルカラーの綺麗なバスソルトもUPされてます。
    ↓
**Hikari no taba**
[PR]
by pathos_mie | 2006-01-11 22:14 | 和のアロマ

梅酒、和のアロマ

f0021321_1222778.jpg
知人から手作りの梅酒をいただきました。
今年は激寒なので熱いウーロン茶割で飲んだら甘酸っぱくてホンワカ温まり美味し〜。ナチュラルな琥珀色も好きです、和のアロマ〜。
昨日、梅の実だけを出かける前に二つ食べたら、お酒に強くない私はちょっとイイ気分に。その後、電車に乗ったのに、ちょっと酔っぱらい気味でした(苦笑)。梅のクエン酸には疲労回復とか様々な効能があるようですが、お肌にも保湿効果があっていいとか。
小さじに1杯ほど取り分けて化粧水にしました。使うたび旬の梅の季節を感じます。

■梅酒の化粧水の作り方(1週間分)※参考にした本「和のアロマテラピー」
1.材料の梅酒10ml/精製水90mlを消毒した容器に入れて混ぜる
2.サイプレスまたはフランキンセスの精油を3滴加える
3.使う度、振ってから使う
※私は浄水器(πウオーター)の水を使い梅酒とグリセリンを少々、精油は本と同じものがなかったのでネロリの精油を入れてみました。
[PR]
by pathos_mie | 2006-01-08 12:25 | 和のアロマ

柚子茶作りにトライ!!

f0021321_23394347.jpg
日本全国、今年は寒〜い冬ですね。昨日はお買い物ついでにサンマルクCafeで始めての柚子茶をオーダー。まずは味のリサーチを。
めったに甘いドリンクを口にしない夫もトライして「ちょっと僕には甘いけど美味いなあ」と!爽やかな酸味でCafeを出た後もいつまでも口中に柚子の余韻が…。
それに後押しされて今日は始めての柚子茶作りにトライしました。私は柚子と蜂蜜で仕込みました。種を外して薄く千切りして蜂蜜に漬けるだけ。瓶の中から良い香りがします。2-3日で出来るそうだから楽しみです。少し甘みを押さえたいので通常より蜂蜜の量を減らしたけど上手くできるかな?
ゆずの皮には、果実よりも栄養が多く含まれていて、果汁と比較して、4倍のビタミンCが含まれているそうです。皮に含まれているビタミンCには、コラーゲンを生成する働きがあり、柑橘類の中でも飛び抜けてるそう。風邪を引いた時もよさそう。柚子茶は韓国伝統のお茶だそうですね。
■柚子茶の作り方
材料:蜂蜜(またはグラニュー糖400g)、柚子400g
(柚子と蜂蜜またはグラニュー糖は同量であれば良い)
煮沸消毒した密閉できる瓶
1.柚子はよく洗って水気を切りヘタを取っておく
2.柚子を半分に切って種をフォークなどで取り除く
(包丁、まな板は清潔にして使用、包丁は研いでおくとキレイに薄切りできる)
3.柚子は袋と果実がついたまま薄くイチョウ切りにする。
4.蜂蜜とスライスした柚子を瓶に入れる、約2-3日で出来上がり
(グラニュー糖で漬ける場合は柚子とグラニュー糖を交互に入れていく、
約2週間で出来あがり)
4.出来上がった柚子茶は冷蔵庫または冷凍庫で保存
※長く作業していると柚子の果汁で手が山姥のようになっておお〜っとびっくり!果汁に触れたら手を洗うようにした方が良いですネ。

[PR]
by pathos_mie | 2005-12-19 23:43 | 和のアロマ

ちょっと大人の味、柚子味噌

f0021321_2165973.jpg
冬になると柚子をたくさんいただきます。
いつもは柚子風呂か柚子ぽん酢位に利用するのですが、調べてみると、これ以外にも色々と使い道があるのですね! 柚子味噌、柚子の種の化粧水、柚子茶、ジャム、柚子酢、などなど柚子は皮、種、実すべて捨てるところがまったくないのですよ。1st TRYは柚子味噌と化粧水を作ってみました。写真の(4)が柚子味噌です。ちなみに(1)は柚子の種の化粧水、(2)は柚子の種をホワイトリカーで抽出中の物、(3)は同じく日本酒で抽出済みの物です。今日は作ってその日のうちに食卓に出せる柚子味噌をちょっと紹介、できあがった柚子味噌は御飯のお供に、ふろふき大根や味噌おでんなどにも合います。柚子の良い香りがします。オレンジやミカンでもないこの繊細で爽やかな、少しビターな柑橘系の香りは大人の味でしょうか?東洋のアロマ、東洋のハーブを感じます。

柚子の効能や栄養を調べてみると柚子にはクエン酸などが多く含まれ、疲労回復、肩こり、筋肉痛を予防する働きがあり胃痛を解消したり肝臓の働きを良くするそうです。
活性酸素を消去するビタミンCやフラノボイドを含み、抗ウイルス作用、抗ガン作用の働きがあり、またビタミンPも含まれ、血圧低下、脳卒中、心筋梗塞の発作予防にも良いようで何だか小さくても凄〜い奴なのです。

2nd TRYはちまたで人気の柚子茶を作ってみようと計画中!

◆作ってみました「柚子味噌」小瓶1個分
*材料:柚子の皮1個分、柚子の汁少々、西京みそ100g、砂糖50g、みりん大さじ1、水1/4カップ
1.柚子はよく洗い黄色い部分を薄くむきます(リンゴをむくような感じ)
2.皮の裏の白い部分は苦みが出るので削り取ります(これがちょっと面倒?)
3.鍋に表皮とひたひたのの水を入れ5〜6分ゆでます
4.ゆでた柚子の皮を水に1時間ほどさらしてアクをぬきます。
5.水気を切って小口から小さく刻みます
6.みそ、砂糖、みりん、水を合わせて火にかけ柚子の皮を入れます
7.弱火で煮詰めます。(ややゆるめな出来上がりに)
8.柚子の絞り汁を加えて風味づけをしてすぐ火からおろします。
*味噌は赤味噌とかでも良さそう、お砂糖は少々減らしても可かな?
*柚子の皮をゆでて水にさらすと透明感のある品のいい味になりますよ。
それを切ってふろふき大根とかに乗せると、料亭の味になりま〜す!
[PR]
by pathos_mie | 2005-12-16 21:13 | 和のアロマ
line

ハーブやナチュラルライフから感じる日々のささやかな幸せを綴っています。


by pathos_mie
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30